中央アジアツアー終盤

 約半月かけて4カ国をまわった中央アジアツアーの記事もこれで最後です。無事4カ国公演を終了し、グルジア最終日はありがたいことにフリーの一日!そこで世界遺産にもなっているムツヘタの町へ!

  自分たちと同じところへ行った人が詳しくかいてるのでこちらも見てください!

    まず、ムツヘタの町へ行く前に向かったのは、小高い丘の上にあるジュバリ大聖堂。

d0091704_215070.jpg
この聖堂はムツヘタの町を見下ろす山の頂に6世紀に建てられる。教会は真上からみると十字架の形をしているらしい。
4世紀、聖ニノはこの地で伝道をはじめ、異教徒の神殿のある町を見下ろすここに、大きな木の十字架を建てたらしくそれから2世紀後、十字架の形をした石造りのジュヴァリ聖堂が建てられたとの事。とても歴史が深くつまっていて、しかもめちゃくちゃ空気が美味しくて何回も深呼吸しました!!
 
d0091704_2163399.jpg

d0091704_216532.jpg

d0091704_2173356.jpg

     この二つの標識は何を意味するのだろう??
   
d0091704_21101813.jpg

d0091704_21105855.jpg

    向こうに見える町が世界遺産にもなってるムツヘタの町。これからあの町へむかいます。
         
d0091704_21122082.jpg





        とっても美味しい空気をすってあまりの気持ちよさに唄ってしまった!そしたら近くの観光客たちもみんな何事みたいに聞いてくれてました(笑)
  そして車で約30分。ムツヘタの町に到着!

   
d0091704_21145021.jpg


        とってもいい雰囲気の町!そこにはたくさんのおみやげやさんもありました!!
    
d0091704_21153798.jpg

d0091704_21155974.jpg

d0091704_22312071.jpg


       さっきは向こうからこちらを見下ろしてました↓
      
d0091704_2116535.jpg

          道端で歌ってたおっちゃん。すごい味がありました(笑)チューニングがあってないところがまたいい!!おっちゃんが歌うとなぜたくさんの鳩がよってくる!!
      
d0091704_2118946.jpg

       
d0091704_21194678.jpg


 そしてその近くにあったのはグルジア最古の聖堂、スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂。

   
d0091704_21212698.jpg

d0091704_21214590.jpg

d0091704_22315390.jpg

このスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂は、聖女シドニアがイエスの着ていた衣を抱いたまま亡くなり、その墓の所に杉の木が植えられた。その木を切って教会を建てようとしたが、7本目が天空へ上がって下りてこず、聖ニノが祈りを捧げてその木を下ろして教会を建てることができたという逸話が残っている。この木から樹液が流れ、人々の病を治したので、「命を与える柱」という意味のグルジア語が教会の名前になったと言われてるとの事。

  ちなみに中は写真はダメだったので残念ながら画像はありませんが、大きなイエスの絵や、また当時イエスが着ていた衣がこの聖堂には眠ってるとの事です!!深い・・

   そしてあっという間に時間はすぎ、グルジア最後の夜。グルジア料理を満喫!!

d0091704_2144934.jpg

d0091704_21442879.jpg

d0091704_2144466.jpg

d0091704_21451124.jpg

    ↑このヨーグルトはやばいくらい美味しかった!!こんな美味しいヨーグルトは初めて!!っち言っていいくらい!!やはり長寿の国グルジアの長寿の秘訣はヨーグルトにあるらしい・・

       そして!!なんと言ってもグルジアといえばワイン!!ワイン通の世界ではグルジアワインはかなり有名!!皆さん知ってましたか?グルジアワインは世界最古のワインなんですよ!!飲みすぎました・・

    そしてあまりの美味しさにワンはグルジアワインを買ってしまいました・・・日本まで持ち帰るのは大変危険!(割れるから)といわれましたが、意地でも持ち帰りたくて、タオルを何十にも巻きがんじがらめにして無事持ち帰りました!!
d0091704_21501616.jpg

d0091704_21505099.jpg

    ↑こちらが今回買った赤のセミスイート。濃厚な甘さではありながらも、決してしつこくない後味がたまりません!!ワンはワインはあまり詳しくないけど、これは本当にショックを受けるくらい美味しかったですよ!!みなさんも是非一度はグルジアワイン飲んでみてください!あ、東京、五反田に唯一グルジア料理屋があるみたいなので一度いかれては<span style="color:rgb(0,204,255);">?→こちら  特にワインとヒンカリはお勧めです☆このお店がどんだけ本場に近いかにもよるとは思いますけどね~。
    そして、グルジアの夜も更け、次の日は夜中3時にチェックアウト。疲れもピークながら、日本へ帰る為、トルコはイスタンブールへ。

    そしてイスタンブールへ到着時間は朝6時前。そして日本発時刻は夜の0時前。めちゃくちゃ時間ありすぎてるので、せっかくだからイスタンブールの街を散策へ。以下は画像でどうぞ。

  
d0091704_21551980.jpg

d0091704_21554112.jpg

d0091704_2156362.jpg

       パンがでかい!!
d0091704_215631100.jpg

   すごい!ピクルス専門店!!
d0091704_21565853.jpg

           カラフル~野菜や果物。
d0091704_21572978.jpg

        ハチミツ!!巣ごとありました(笑)

d0091704_2158495.jpg

d0091704_21583878.jpg

          新鮮~!!!!

d0091704_2159462.jpg

         近くの漁港に行きランチ。

d0091704_2222696.jpg

  噂に聞いてたサバサンド!!美味しかった!!
d0091704_21593479.jpg

     この橋すごかった!!みんな並んで釣りしかた!!こんなに密集してつれるのかい(笑)

d0091704_2204332.jpg

d0091704_2232192.jpg

d0091704_2235113.jpg


d0091704_224126.jpg
      
d0091704_2242875.jpg

この足を洗ってた人たちを何を意味してるんだろう?

d0091704_22553.jpg

d0091704_225224.jpg

   すごいハト!!!

d0091704_225512.jpg

          とある地価宮殿
d0091704_2262132.jpg

         神秘的だった・・

d0091704_226462.jpg


         ↑これはあの「メデューサ」らしいです!!

d0091704_2272419.jpg

      日もくれてきてあるモスクにきました。お祈りが終わり、中に入るとそこは素晴らしかった・・






           
d0091704_2283428.jpg

      今回ツアーで本当に思ったのはこの建築技術のすごさ・・どうやってこんなの作るんだろう・・

d0091704_221042100.jpg


d0091704_229191.jpg




      こうして、メンバーは疲れがピークの体で一日中歩きまわり、それから約11時間かけてイスタンブールから関空。関空→羽田→奄美と全員の旅が無事終了しました。


         以上!!!!だいぶ引きずってしまいましたが、これで中央アジアツアーの記事はおしまいです。気がつけば、声がかかったのが去年6月。メンバー初顔合わせが8月。打ち合わせ&練習で9月11月、一回づつやって、本番を迎えると、決して練習時間は多くはない厳しい状況でしたが、結果素晴らしいツアーになりました。
    今回、4国の公演を通していろんな人、文化との出会い、そして奇跡、感動、興奮と、とにかく激動な中にたくさんの事を培うことができたと思います。それと同時に音楽に国境はない、という事とシマ唄は世界に通用する!そこに確信を持つことができたのは大きかったです。だからこそますます勉強しないといけないという気持ちがより一層強くなりました。

    本当に人生の中での大切な思い出となりました。そしてこれからの糧になることだと思います。メンバーのみなさん!!!お疲れ様でした&ありがとうございました!!









       と・・全てが終わり・・と思いきや・・・・














          3月末に東京で凱旋公演が決まりそうです!!詳しい詳細がもし決まりましたら、東京のみなさん!是非おこしください!!

   今月、来月とまた素晴らしいイベントの出演が決まってます!後に報告させていただきます!それではまた!!
[PR]
by shingomaeyama | 2010-02-02 22:21 | 島唄、音楽♪
<< 宣伝!宣伝!宣伝! 中央アジアツアー グルジア >>