行ってきました。

 無事,石垣島&沖縄から帰ってきて祭り続きで先週は怒濤の一週間でした・・

   今回産まれて初めての石垣島でした!とても良かったですよ!
d0091704_22441723.jpg



     奄美から沖縄本島までプロペラ機で約1時間。そして沖縄本島から石垣島まで約1時間・・奄美から石垣島まで約700キロ・・奄美ってそんなに南の島ではないようにも思いました(笑)

  
d0091704_2246367.jpg


     石垣着陸前に見えた小さな島。なんていう島だろう?

  
d0091704_22464739.jpg


   とても小さいけど畑が見えるが民家があるようには見えない??海は確実に綺麗そう!!

     そして到着!!




    
d0091704_22474391.jpg


   
d0091704_2248267.jpg

d0091704_22493096.jpg


        ついた瞬間,地面からモワ~っと湿気が!!そして太陽が近い感じ!!気温は33度とそんなに奄美と変わらないが,さらにムンムンとしてる感じでした。

   そして今回はここ石垣島には先日3月の沖縄国際音楽祭に出演した時にお囃子をしてもらった宮城君にお世話になりました。
  今回はメインはもちろん宮良の豊年祭だが,他の集落でも豊年祭をやっていたのでのぞきに行きました。

  
d0091704_22525292.jpg


    あ,最初に行っておきますが,宮良以外の豊年祭は撮影オッケーなので写真のせてます(笑)やはり奄美とは似てるようで違う。奄美では豊年祭といったら,各集落に必ず土俵があって相撲が盛んだが,ここでは棒術といわれる格闘演技?が行われてました。そしてそれぞれの集落にこの棒術はあるらしいが,どこも「自分たちの集落が一番だ!」との事!これは奄美も一緒(笑)ワキャシマ一番!!


  
  その後ちょこっと時間があったので散策。

   
d0091704_225955.jpg


   滞在時の石垣シマはすごく不安定な天気。晴れてると思ったら急にスコールの繰り返し。そこでものすごく目の前に綺麗な虹が現れたので思わず車を止めて撮影(笑)

  
d0091704_2305114.jpg


  
d0091704_231710.jpg

  よく見たら上にもう一つ虹があります。

d0091704_2313829.jpg


d0091704_2342766.jpg

    感動しちゃってます(笑)

   この虹は次の日八重山新聞に掲載されてました!!


        
d0091704_2351777.jpg


      宮良川のマングローブ。奄美の住用ほど大きくはなかったですが綺麗でしたよ。


          
  
d0091704_238844.jpg


        民家の駐車場にいた鳥。結構珍しい鳥らしいですよ!名前は・・ズグロミゾゴイ!


  
d0091704_2391637.jpg


         石垣牛!?あっちこっちに牛がたくさんいました。

  
d0091704_2310594.jpg




   
d0091704_2319757.jpg


d0091704_23193698.jpg


     ↑普通に奄美の風景にもありそうな感じ。ここは白保っていう集落で白保の人たちからは「ピーゴロ坂」と言われてるらしい。なんでそういう呼び方?と問うと「分からない」との事(笑)



      
d0091704_23214279.jpg


宮城家でいただいた「八重山そば」沖縄のそーきそばとも似ているが若干細麺でおいしかった!!他にも豊年祭の時に食べるという奄美と似ている「ミキ」とかしゃ餅もいただきました。ちなみにここ石垣ののかしゃ餅は白もちで葉は芭蕉を使います。奄美は餅は黒色のよもぎで葉はゲットウ。


     そして晩ご飯は石垣の歓楽街(奄美で言えばやんご?)の民謡酒場,「芭蕉布」へ。

d0091704_23262444.jpg


   ここは以前テレビやイベントで共演した八重山民謡唄者,鳩間可奈子ちゃんのご両親が経営されているお店です!!本場の八重山民謡をたっぷり聞いた後,せっかく奄美から唄者がきてるとの事で飛び入りで歌うことに!!しかも六調までやって大盛り上がりでした!!

  あ,ちなみにここ石垣島でも「六調」はありますが,特に宮良に伝わる六調は昔奄美のかつらさんっていう方が宮良に婿入りし,そこで六調を伝えたと言われてます。だから沖縄本島ではカチャーシーとして盛り上がりますが,八重山では六調です!!いいね~八重山(笑)





        さ~ざっと書いてきましたが,メインでいった宮良の豊年祭,「アカマタ クロマタ」ですが,本当に感動でいっぱいでした。日本にこんな祭りがあったなんてというショックというか・・・


    ある意味東南アジア系を彷彿させるというか・・詳しくはここに書けませんが,本当に集落の人たちが昔から大事にしてきているというのが伝わってきました。あくまで集落の五穀豊穣のため。人に見せるためにやっているわけではないのでここまで撮影,録音は一切の禁止にしている事だと思います。

 興味がある人は一度見てほしいです。心があらわれます。今の時代何か忘れかけてたものを思い出させてくれると思います。それは奄美にもたくさんあると思いますが,ここ石垣でも感じることができました。




      そして,たった2泊の石垣島の旅を終え,沖縄本島へ。実はこの本島でも行きたいところが。それはある三線屋さん。

   実はわたくし最近楽器のレベルアップをはかろうと思いきって三線を沖縄の職人さんに皮張りを依頼しました。自分のこだわる音色に妥協したくはなくて材質,技を揃えた本場沖縄の職人さんに依頼しようと・・


    そして今回棹は「奏愛工房」さん,皮張りは若手職人さん率いる「開鐘屋」さんに御願いしました。それで現在その皮張りで三線を預けてる開鐘屋さんにお邪魔してきました。

d0091704_23445827.jpg


  今回自分が訪問した際の事が「開鐘屋」さんのブログに書かれてます開鐘屋ブログ
   この職人↑町田さんは沖縄琉球王朝時代に伝わる名器,「開鐘三線」の復刻をしています!とても研究熱心で「昔ながらの三線を復刻する」というテーマに日々頑張っているすばらしい方です。まだ職人歴はそんなに長くはないそうですが,皮張り,ぶーあて等技術はすばらしいです。若手職人さんとしてこれからも期待がかかることでしょう!ここのお店に行くまで,初めて読谷という所まで行きました(笑)

    レベルアップした三線が揃ったらまたここでアップしますね~!



        こうして石垣島,沖縄の旅は終わりました・・・たくさんいろんな事を吸収できたと思います!


     書きたいことはまだ山ほどありますが,いったんここで終わります。。また明日!!





    




   
[PR]
by shingomaeyama | 2010-07-27 23:59 | 人々とのふれあい☆
<< 浦上祭り&カサリンチュデビュー!! 祭り、祭り、祭り! >>