住用、青久への旅



   このほど4日ほど前に住用村にあります、幻の集落、青久集落に行ってきました。

 ここはワンも行ったことなくて、っちゅうか島の人もほとんどいかんはず!!だしめちゃくちゃ遠い!!しかも行くまでの道のりも大変!だが、ワンはたくさんの感動を得てきました。

  まず住用村の山間集落をこえ、ずーっと行き市をこえ、ずーっと行くと、



 d0091704_10385061.jpg



   この辺からだんだん道が狭くなっていき、すれちがう車は一台すらなくなっていく・・・・ちなみにこんな道でも住用中央東線という!!島の道には一つ一つ必ず名前があるらしい!電車みたい!バスしかないけど!


     



       

                そしてこのような林道をずっと行く。

 





d0091704_10413820.jpg





         すると途中俺の中ではこんなに大きいのは見たくない!いうくらい大きいガジュマルの木!!
d0091704_10441568.jpg



     これは写真では想像がつきませんが、めちゃくちゃ太いし、高いですよ!
そしてずーっと行くとやっと何か見えてきた!
 しかし!?何かある!?      道を間違ったか!?近づいていくと!・・・・・・


 

                      !?!?!?

  
d0091704_1048049.jpg



            ようするに、
 
d0091704_10485253.jpg




         こんな感じですね。はけ~集落の入り口のドアがあるのは初めてみた。このドアを一歩こえるとワンはもう青久への侵入者。

  そしてそこをずっと下りていくと、いよいよ青久集落!!

d0091704_10503851.jpgd0091704_10505261.jpg


    











     この右の石、ちょっと普通の石と違って見えませんか?そう、これはこの集落でしか見ることのできない青久石という石です。ちなみにこの左側民家が見えますが、この集落実は住民はこの一世帯のみなんです!!
      
    よってこの方が自動的に区長!!この方々のためだけにあります電柱!!仙人か!?

    すごいですね~しかもこの日は見ることできませんでしたが、ここの主さんは牛を飼ってます。

  そしてさっきの世界の窓、もしくはドアはこの牛が逃げない様にだと!!よって!開けたらしめてください。



   そしてこの集落、もう一つ伝わってる伝説があります。それは↓
d0091704_10573017.jpg


    以前、ワンがdokidokiのライブで喜界島にいった時にむちゃかな伝説の事ここで書きましたね~
  その墓がここにもあるのです。なんで?それはあの喜界島で海に突き落とされ殺されてしまったむちゃかなの遺体が潮の流れによって、この青久の海岸に流れ着いた、という伝説があります。あくまで言い伝えなんで事実かはわかりませんが・・・
 でもちゃんと挨拶してきました。

 そして実はこの日メインでワンがいきたかった集落は瀬戸内町の嘉徳と節子集落。その青久からカドクにむかったらなんと崖崩れにて断念!!・・・・・

 来週あたりもう一度必ず行きます!!なんとしてでも調べたい事があるので・・・

  案内してくれたひろ○○さん!ありがっさま!!

   


 
[PR]
by shingomaeyama | 2007-01-15 11:05 | 奄美ごと
<< ASIVIでよごれ新年会☆ 合同年の祝い☆ >>