島唄の師匠&~昔から歌ってきた人たちの心~

 相変わらず島はあつい日が続きますね~みなさんどうお過ごしでしょうか?ワンも体調くずさんよういっぱいいっぱいでございます(笑)

  先日告知した鹿児島でのことを書きます。

    まずは今月3日,我が師匠石原久子先生と一緒に鹿児島大学にて昼は生徒さん対象に夜は一般のお客さんたちを対象に奄美の島唄演奏会をしてきました。予想以上のお客さんの多さに驚き,またとても嬉しかったです。きていただいた方々ありっがさま!☆


d0091704_12485849.jpg



    約1時間半?くらい20曲近くを披露しました。先生が一曲一曲解説するんですが,勢いあまって解説もしないではい!次の歌は・・とマシンガンになりつつあるところをその都度ワンが説明は!?とつっこみました。



    

                    最後はやはり六調!!

d0091704_12474822.jpg


        踊り方ですぐシマッチュかどうかが分かります!(笑)でもみんな自由にとても楽しく盛り上がったのでとてもいい演奏会になりました。きてくれたみなさん,さばくってくれたやな○わ先生!本当ありがっさま!

          
d0091704_1252347.jpg



       ここで書いたことがなかったので自分の師匠,石原久子のことをちょこっと紹介したいと思います。

d0091704_1255181.jpg


        今のワンはがあるのはまさにこの人石原先生がいてこそです。ちょうどワンが19歳の時,島唄をやってみたい!と思った時,ちょうどこの石原先生がワンの地元浦上のある方の家で子ども達に島唄を教えていたので,ワンもそこにいき一緒に習い始めたのが最初です。

    先生は唄袋とも言われる宇検村,湯湾出身で若いとき東京にいたが,両親が唄者で元々小さいころから坂元○○子さんという方とよく歌っていたらしい。だがシマ唄が恋しくなり,30過ぎてからシマに帰り,当時,湯湾の唄者,故 柳原緑先生という方にみっちり鍛えられたそうだ。昔の人たちは厳しく先生も相当に師匠に怒られたりもしたそうだ。そして今でも感謝の気持ちを忘れず,師匠の墓参りなどは欠かさずしてるそうだ。

    そして昭和40年代に当時あったニューグランドというレーベルから数枚のレコードをリリースし,また島中の唄者が何人か集まって「奄美民謡保存会」という会を作り,各島々の珍しい唄からいろんな唄の普及に努めた。ワンは今でもこの時代の唄を生で聴きたい!と思う・・(不可能だが(笑)

  そして先生に習い初めて一ヶ月でなんとか朝花節という歌を覚えて先生に聞いていただいたら,「あんた今度自分の家にきなさい!私の歌を全部たくすから!」といわれ,三味線奏法の基礎,歌の背景にある歴史,歌詞の意味,島口の発音の大切さ,みっちり習いました。そして曲を覚えていきました。

   ただ,本当にこの人の弟子であり良かったと今でも思うことがある。それは上に書いたようなことを教えるものはもちろんだが,それよりも何よりも口うるさく教えてくれたのは,唄以前に唄をこれから歌っていく唄者としての
 心構え,心の持ち方を教えてくれたのだ。

  今でも覚えてる,ワンが二十歳の頃,「真吾,これからあんたに私の唄を全部教えるから,昔からの島の先輩が大事に残してきたこの唄をこれから守っていってほしい。だけど,もしあんたが上手くなって,いつか天狗になったり,素直に人を敬う気持ちを忘れるようになったら,私はあんたとの縁をきる。シマ唄は昔の先輩達が苦しい時代の中で作り上げてきた心の唄。どんなにきれいな声で上手になっても私の唄を全部受け継いでくれても,その心を忘れたら私はあなたを弟子とは思わない。」

d0091704_1336969.jpg

   「そしてどんな時も謙虚であんたの唄を心から必要としてくれる人がいるのなら,どんどん自分の唄を歌いなさい。そのあんたの唄を聞いて涙を流してくれる人がいたら,その涙や感謝の気持ちというのは,例えお金なんかもらわなくても,それ以上にかけがえのないものがあんたに返ってくるから。これは私がいつかぼけてあんたに何も言えなくなるまで言い続けるからね~(笑)」   


 そう冗談風に笑いながらも,真剣な思いを教えてくれたのだ。そして今でも会えば言ってくれる。

  正直,石原先生は男勝りで(失礼!),まっすぐすぎて不器用で頑固なところもある(笑)でも唄を教える師匠として唄者の心,いや,人間としての心を教えてくれた。本当にこの人が師匠で良かったと思ってる。

     


  奄美の唄に興味をもち,そして歌う人間として5年がたった。これからもこの気持ちはこの石原先生のおかげで忘れることはできないだろう。          


d0091704_13315274.jpg

         
[PR]
by shingomaeyama | 2008-07-12 13:37 | 島唄、音楽♪
<< ~昔から唄を歌ってきた人の心~... 鹿児島行きます。 >>