カテゴリ:奄美ごと( 27 )

幸せの鳥!!


    
   え~今日職場であることが起きました。早朝、朝8時すぎ、なにやら一人のおじいちゃんが、

               「鳥が急に木の上から落ちてきたど!!」


  っち言うもんだから何の事かいっち思ってみたら、そこにはなんとあの野鳥が!?














 
d0091704_17571929.jpg





    d0091704_17573119.jpg
  
d0091704_17574382.jpg



    









  






    あのアカショウビン!!またはシマではクッカルーっち言ったり、アカひげなどとも言われてます。あの田中一村が書いた作品の中にもあります。この野鳥。

 もちろん天然記念物です。と・・・思ったらそうではないようだ(笑)しかし、こんだけカメラを目の前に近づけてもびくともしない。。

   多分飛んでてガジュマルに正面衝突して一時的に気を失って、意識がもうろうとしていたようです。。



   その後少し時間がたってから元気に飛んでいきました★☆あんなに近くで見たのは初めてだったからきれいだったな~。。。。






    そしてこちらはもう一方こちらはある意味、天然記念物・・・・・・・・













   
d0091704_1814231.jpg





    あ、失礼しました・・・・・・天然記念物的な顔でした。。愛犬でした。。。
[PR]
by shingomaeyama | 2007-05-15 18:03 | 奄美ごと

 多忙だった週末。


  いやいや先週末もいろいろと忙しかった。。

 まず土曜日行われた奄美民謡大賞!!みごと大賞を受賞したのは山下聖子!!おめでとう~!!☆★

  さすがじゃや~でもこれからも唄仲間ど。会っても無視するなよ。二年連続青年の部からの覇者でした。。もちろん夜は若手唄者で集まり、打ち上げ&唄遊び☆帰ったの3時すぎ。

            そして日曜日はワンは結婚式3件かけもちでした。。


    バタバタしながらも、3件目はワンも出席した前山たかひろ兄の結婚式。ようするにワンの親戚、身内でもあり、浦上青年団のひとりでもありますたかひろ兄。おめでとう~~★☆

d0091704_19203031.jpg



  ワンは最初の祝い唄、余興で信良うじとの島唄、青年団での八月踊り、最後の青年団のハードロックばりの六調で幕をとじました。。もちろん二次会にいき帰ったのは・・・・

             いわんでも大体何時か想像がつくだろう・・・・とにかくはやいわけがないわけ。。

         でも楽しかった~~~~!!!


  そんなこんなで土日は仕事2連休でしたが、仕事よりも忙しい2連休で結局2連休が2連休じゃなかったわけで、休みあけの今日は仕事でしたが、最強に眠かったです。。。。。

 
     でも職場のお年寄りの方々は元気に今日もお過ごされてます☆


        あるお昼のおやつの時間。



     
d0091704_19265468.jpg


      だれでも見たことのあるこの牛乳。ワンなんかも学生のときよく給食で飲んだものだ!あまった時はジャンケンしてよく友達と奪い合ったもんだ!

   水分補給でのこの時間。。。ワンはある一人のおばあに人間として大切な姿勢を学びました・・・・・・・



   飲んでるなあ~と思いきや。。。。なんか違和感!?・・・・・・・



              !?!?!?




        おば!どこ飲んでるわけ!?!?









   
d0091704_19312079.jpg



       飲むところを間違ってる!!!っと思いきや・・・・・・・・


    間違ってはなかった!!なんとそこにはストロー口から少しこぼれてしまった牛乳の1滴があった!それをおばは沈着冷静にストローで飲んでいたのだ!!


      おばそこまでせんといかん!?!?


                「何で、もったいないがね~・・」


   牛乳一滴も無駄にしない・・・すばらしい・・・・しかもストローで丁寧に。。しかもちゃんとすえてない!

     結局またストローをストロー口にいれ全部飲み干しました。。


  そしておやつの時間も終わり、帰ろうか、と声をかけた時なんと!!!




      








    
d0091704_1938747.jpg




     おばはあきらめなかった!!再チャレンジ!でもやはり無理だった。。しょうがなくワンが台ふきでひとふきしました。。。。



     みんな毎日頑張って生きてる!!本当疲れた~。。。。






     
d0091704_1940783.jpg




    そうかそうかおまえも疲れてるのか。。。ひなたぼっこ暖かそう~。。


    
[PR]
by shingomaeyama | 2007-05-14 19:40 | 奄美ごと

ついに明日開局!!



     え~明日はこの奄美で何かが起こる!?といっても大袈裟ではないのではないか!?


  ついに明日12時より奄美初のコミュニティーFMディ!!ウェイブが開局するそうです!!
d0091704_21543686.jpg


               周波数 77.5MHz
           コールサイン(呼出符号) JOZZ0BDーFM
           呼出名称(放送局の名称) あまみエフエム



   すごい!すごい!!ASIVIのけんご兄を初めディ!スタッフのみなさん本当に!本当に!大変だったと思います!!が!、本当に明日から実現させてしまうみなさんは本当に素晴らしい事と思います!!

  とりあえずは奄美市を中心に龍郷町も約4割は受信可能との事。将来的には奄美群島全域を目標!
  
     なんとも頼もしい。ようやくここまできたからにはスタッフとまた会員のみなさん、それ以外の島んチュ、島を思う人みんなが協力してこそ、いいものもどんどんできあがっていくと思う!!

   みんなで協力して、奄美を盛り上げれたらいいですね!!☆★


   内地におって聞きたい方はとりあえず一回奄美にくればいいんじゃない?

   また明日夕方からは特別ゲスト中孝介、元ちとせさんも出演予定との事です。すごいね!


     孝介兄はその後、TSUTAYAにてインストアライブもする予定。もちろんワンも応援に行く。


     みなさんぜひ明日12時から!!はあまみFMを!★


     
[PR]
by shingomaeyama | 2007-04-30 21:56 | 奄美ごと

 プチ島巡り★



     今日は日曜日。しかしワンなんかには関係ない日。よって今日は仕事でした。。そして昨日は休みだったんですが、ある徳之島から島唄をする友人s.uさんがきてまして、あっちこっち奄美の行きたいところがあるから案内してくれというのでたいして知りもせんくせにたいした事のないガイドをしてきました。


  まず、お腹がすいたので、島にいながらもワンはいったことなかった観光客の方々にとっても有名で人気な島料理、鶏飯(ケイハン)屋「みなとや」に行ってケイハンを食べてきました★

  
d0091704_18253550.jpg



  笠利の赤木名にありますこのお店、噂は聞いてたんですが、行ったことがなかったので行ってみたら、超おいしかった!!d0091704_1827876.jpg





    他に有名な久倉という有名なケイハン屋さんもあるが、そこもめちゃくちゃ美味しいが、このみなとやもめちゃくちゃ美味しかった!

 ちなみにこのみなとやも以前ロケがあった「旅×旅ショー」という番組にでると思います!要チェック!!










     そしてお腹いっぱいになったところで、向かったのは笠利の民俗資料館。そこでゆっくり見学をし、その後奄美パークを見学し、そして向かったのはまたまたマニアックな島唄でも歌われている、「芦花部一番節」という唄ででてくる、島一番の美女といわれていた「ばあ加那」のお墓。


 
d0091704_18321883.jpg


 
d0091704_18324348.jpg



  この唄の内容は、ものすごく簡単に説明すると、島中の青年たちが伊津部という集落の泊まりで船こぎ競争をし、その芦花部集落沖に来たとき、実久(大島南部のカケロマ島の集落)の青年たちが噂に聞く美女ばあ加那から手づから力水をもらい、そのおかげで見事競争で一番になったという出来事を歌った歌。

 つまりそんだけばあ加那という女性は不思議な力をもっていたみたいな感じ?

     そのばあ加那が力水が流れているのがこの石碑の裏に流れているこの湧き水。

 
d0091704_1847422.jpg




      もちろんワンもS.Uさんも飲んだ!!そしたらワンはなぜかドラゴンクエストでメタルスライムを一気に20匹殺したくらいレベルが上がった感じになった!!!

     なんだこの湧き出てくる力はーーーーーー!?うおーーーーーー!!!!




         はい、すみません・・・・・・そんなわけありません。



      そしたら、そこから帰ろうとしたときもの珍しい生き物が・・!?

   なにやら黒いものがモソモソ・・・・・・



      「これ何かい~?・・・・・・!?待ってよ!これ天然記念物のイモリじゃない!?」


         とS.u氏。    それがこちら↓








   
d0091704_18513325.jpg



   
d0091704_18514724.jpg





      う~んどうなんでしょう?知ってる方がいたら教えてね。



    いやいや久々のプチ島めぐりでした☆



     
[PR]
by shingomaeyama | 2007-04-08 18:53 | 奄美ごと

プチ島めぐり☆



         今日はいや~眠たかった!夜勤終了後、即効!島巡りをしてきたからだ!なんで? 
 
  その理由は奄美でも有名の写真家、浜田ふ○しさんにある撮影をお願いされて笠利近辺をスポットにあて、少しだけ撮影をしてきました。

     浜田さんのHP

       何の撮影?それはそのうちわかりますので後でいいます。とりあえず島らしい風景の中で島唄を歌っている姿をとるという設定。


 d0091704_21252876.jpgd0091704_21253646.jpg












   




  やっぱアダンとかは島!っていう感じでいいですね~☆他にも石垣の前だったり、白浜の上でこのアダンをバックにとかあったけど、本日は中国の黄砂の影響で天気も微妙でしたのでそういった場面は今日はボツ。


  そして最後に行ったのは、笠利のあるところにある大きなガジュマルの木!

d0091704_21282296.jpg





  大きいな~、ワンはここも初めてきた!やはり浜田さん写真家ということもあっていいとこご存知ですわ・・

         
    昔から奄美ではこのガジュマルの木には「ケンムン」といわれる魔物っちゅうのかい?妖怪っちゅうのかい?それとも妖精っちゅうのかい?・・・・まあ!そんな感じ!の生き物が生息していて見える人には見えるらしいです!なんかカッパのような妖怪らしいですが・・・・


    このガジュマルにももしかして大きいし、いそうな・・・気が・・・・


  

         ん!?あれはまさか・・・・・・?



       ガジュマルの木の真正面でニヤニヤと薄気味悪い表情でこちらを見ている!!




        あれが噂のーーー!!!?・・・・・・・・・・・・・・・・・













          

 
d0091704_21324180.jpg






         ワンじゃがな。


    
[PR]
by shingomaeyama | 2007-03-30 21:33 | 奄美ごと

節子と嘉徳集落の旅☆


  
  え~昨日は私仕事が休みでしたが、ある所へ旅にでてきました。っていっても島内ですが・・

 その場所というのは奄美大島南部の瀬戸内町であります、節子、勝浦、嘉徳集落!! 
  
  なんでそこにいくの?それには深いわけがあります!全部話すと3時間くらいかかりますので、できるだけ!簡単にまとめます!?

 まずなんでワンがこの集落に行く理由。
 
 ●まだ嘉徳に行ったことがなかった。


 ●節子集落には古く伝わる「節子のトミ伝説」のことを深く知りたかったため。

  まあ興味がない人にとってはどうでもいいことですが、島唄をやっててなおかつその唄の背景を知りたいワンにとってはものすごく気になってた事!!

  そこでまず節子集落に行ってきました☆
d0091704_19112997.jpg



   網の子集落をこえ約5分、そこには小さな静かで空気がとてもおいしい集落がありました。
d0091704_1912461.jpg

d0091704_1913245.jpg

d0091704_191443.jpg


  そもそも節子のトミ伝説って?知ってる人はわかると思いますが、知らない人のために!
 まずこの村で生まれた、ものすごく美人な女性がいた。長身で三味線、島唄がものすごくうまく、鉄砲狩りもし、そして馬にものる。性格は男勝り。また恋多き女性だったという。

 またあまりにも有名だったのか、島唄にも彼女の事を歌った歌詞が残ってる。

  ・正月やばしゃぎんきちも、節子ぬトミぐゎむらてぃたぼれ
(正月はたとえ破れたぼろぼろの着物を着てもかまわない、そのかわり節子のトミを嫁にもらってください)

  ・節子ぬトミや名瀬ぬらんかん橋いきば、店ぬ手代きゃうりみち算用まちげ
    (節子のトミがらんかん橋を通りかかると見ほれた店員たちが計算(そろばん)を間違ってしまったそうだ)

   などと歌詞が残ってる。読んでわかるように唄に残るくらい相当美人で有名だったのだろう。これ以外にもワンが知ってる歌詞はもちろんあるが全部話すと3時間くらいかかるからやめとく。(言うの2回目)

  そしてその節子にこのトミが使ってた三味線を今でも大切に保管してる人がいるというのでそれがワンは見たくて行きました。
 その方は郵便局局長のあらたさん。郵便局にはいると待ってましたというばかりにいきなり差し出してみせてくれた!!
d0091704_1927918.jpg

d0091704_19272816.jpg


 見てもわかると思うがもちろん皮は残ってない。ツガはもう虫がかんだ後が残っている。戦後に子供たちがいたずらでワシの皮をはったりして遊んでたりしてたらしい。ちなみにサオはユシの木。d0091704_193037100.jpgd0091704_19311299.jpg











    





     このワンの三味線と比べたらわかるが若干トミのは小さい。このあらたさんの話によれば、昭和初期この辺りで山仕事をしていた沖縄の人がトミのために作ってくれたらしい。
 そしてこのトミが亡くなったのが昭和8年没69歳との事。晩年のころに使ってた三味線らしい。この近くの勝浦という集落がある。そこの藤 常助っていう方に嫁いだらしい。だからそこに墓が残ってるとうので大興奮するワンは即効行きました(笑)

                       そして見つけた!!
d0091704_1936890.jpg
d0091704_19362157.jpg











     




       本名は藤 富過というらしい。。「とみか」か?なんて読むんだろう?ちゃんと挨拶して、拝んできました。

    最後にいろんな話を聞かせてくれたあらたさんと。
d0091704_19383538.jpg



             ありがっさまりょうた!!

  そして次の集落は・・・・・・・

            
d0091704_19393596.jpg


      節子よりも小さい?嘉徳集落。あの奄美からデビューし、ものすごく奄美という名を全国的にひろめてくれた歌手、元ちとせさんの故郷でもあるこのシマ。

 初めて行ったが、なんかここはものすごく独特な雰囲気のシマ。もの静かで心地よい嘉徳の海岸の波音聞こえる。d0091704_19421473.jpg

  この海岸はサーフィンでも有名で結構あっちこっちからサーファーがくるらしい。



  そしてここにワンがきた理由はシマ唄で歌われる「嘉徳なべ加那節」のなべ加那さんに会い(笑)

  嘉徳で生まれたなべ加那はどのような生まれをした女性だったのか?自分は座って水浴びをしていて親はせっせと水くみをしている。っといった子が親を使うみたいな親不孝を歌ったような歌詞にみえるが実はそれくらい神高い女性だったのでは?という説もあるらしい。

   




       そこでもちゃんと挨拶をしてきました。
d0091704_19463515.jpg




   この前で嘉徳なべ加那を歌いました。そしたら途中雨がぽつりぽつり・・・・いくら偶然でもちょっとこわかった。。。汗  でも終わった後はものすごく充実感でいっぱいでした!!

     遠い長旅(島内)に付き合ってくれたゴンタさん、そしてあらたさん、本当にありがっさまりょうた!!      ものすごく勉強になった。。

 シマにいて、シマ唄を歌ってても知らないことがまだまだたくさんある・・だけどその奥深さが俺にはたまりません笑 もっと勉強しなければ!!
[PR]
by shingomaeyama | 2007-01-18 19:51 | 奄美ごと

住用、青久への旅



   このほど4日ほど前に住用村にあります、幻の集落、青久集落に行ってきました。

 ここはワンも行ったことなくて、っちゅうか島の人もほとんどいかんはず!!だしめちゃくちゃ遠い!!しかも行くまでの道のりも大変!だが、ワンはたくさんの感動を得てきました。

  まず住用村の山間集落をこえ、ずーっと行き市をこえ、ずーっと行くと、



 d0091704_10385061.jpg



   この辺からだんだん道が狭くなっていき、すれちがう車は一台すらなくなっていく・・・・ちなみにこんな道でも住用中央東線という!!島の道には一つ一つ必ず名前があるらしい!電車みたい!バスしかないけど!


     



       

                そしてこのような林道をずっと行く。

 





d0091704_10413820.jpg





         すると途中俺の中ではこんなに大きいのは見たくない!いうくらい大きいガジュマルの木!!
d0091704_10441568.jpg



     これは写真では想像がつきませんが、めちゃくちゃ太いし、高いですよ!
そしてずーっと行くとやっと何か見えてきた!
 しかし!?何かある!?      道を間違ったか!?近づいていくと!・・・・・・


 

                      !?!?!?

  
d0091704_1048049.jpg



            ようするに、
 
d0091704_10485253.jpg




         こんな感じですね。はけ~集落の入り口のドアがあるのは初めてみた。このドアを一歩こえるとワンはもう青久への侵入者。

  そしてそこをずっと下りていくと、いよいよ青久集落!!

d0091704_10503851.jpgd0091704_10505261.jpg


    











     この右の石、ちょっと普通の石と違って見えませんか?そう、これはこの集落でしか見ることのできない青久石という石です。ちなみにこの左側民家が見えますが、この集落実は住民はこの一世帯のみなんです!!
      
    よってこの方が自動的に区長!!この方々のためだけにあります電柱!!仙人か!?

    すごいですね~しかもこの日は見ることできませんでしたが、ここの主さんは牛を飼ってます。

  そしてさっきの世界の窓、もしくはドアはこの牛が逃げない様にだと!!よって!開けたらしめてください。



   そしてこの集落、もう一つ伝わってる伝説があります。それは↓
d0091704_10573017.jpg


    以前、ワンがdokidokiのライブで喜界島にいった時にむちゃかな伝説の事ここで書きましたね~
  その墓がここにもあるのです。なんで?それはあの喜界島で海に突き落とされ殺されてしまったむちゃかなの遺体が潮の流れによって、この青久の海岸に流れ着いた、という伝説があります。あくまで言い伝えなんで事実かはわかりませんが・・・
 でもちゃんと挨拶してきました。

 そして実はこの日メインでワンがいきたかった集落は瀬戸内町の嘉徳と節子集落。その青久からカドクにむかったらなんと崖崩れにて断念!!・・・・・

 来週あたりもう一度必ず行きます!!なんとしてでも調べたい事があるので・・・

  案内してくれたひろ○○さん!ありがっさま!!

   


 
[PR]
by shingomaeyama | 2007-01-15 11:05 | 奄美ごと