<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中央アジアツアー4 メリークリスマス!(いまさら・・)

今年も残すこと後1週間をきりましたね!!早いな~・・みなさんクリスマスの夜をどのようにお過ごしでしょうか??

    ってなわけで!!ってどんなわけかい!!中央アジアツアー報告するのに約1ヶ月かかろうとしてます・・今年中で終わるかい(笑)

    続きを更新したいと思います!!3国目はカスピ海沿いにあるアゼルバイジャン!!

 アゼルバイジャンってどんな国!?

    ウズベキスタンからまずウズベキスタン航空にていったんロシアのモスクワに行き、そこからシベリア航空にてアゼルバイジャンへ!

  
d0091704_23171481.jpg

d0091704_23173251.jpg
        ↑モスクワに行く途中の飛行機で隣にいた赤ちゃん!!すごくじゃれてきてめちゃくちゃ可愛かった!!
     
d0091704_23183316.jpg

d0091704_2319720.jpg

       ↑着陸前。なんか東京とかからシマに帰ってくる時に見える風景と似てた。畑がいっぱい見えました!!

   ここで到着直前!!アクシデントが!!入国するのに必要な税関書があるんだが、これがすべてロシア語!!よって読めないので書けない!!英語のものはないか?と聞くもないとの事!!ワンなんか日本人乗客のみ足止めくらう事に!!
 そして一時してからおえらいさんらしき人が英語のものを持ってきてくれて、なんとか無事入国・・英語を話せる人もほとんどいなくて、まだまだここは国際化が進んでないないんだなあ~と実感しました・・入国するのにかなり時間がかかって疲れた・・なんとか到着!

d0091704_23144796.jpg
d0091704_23153787.jpg



   d0091704_2137825.jpg 
d0091704_21354094.jpg 













  今回のツアーの担当は左が日本大使館のたくぼさん、右の画像左から古川書記官、通訳のペリさん、ハティラさんです。本当お世話になりました。その日の夜は美味しいアゼルバイジャン料理屋へ。この国も料理がとても美味しいと聞いていたので楽しみ!!


      
d0091704_21424348.jpg

          ↑アゼルのビール。さっぱりして美味しかった!!

       
d0091704_21432245.jpg


            とても印象的だった「ドブガ」と言われているヨーグルトスープ。ホット、アイスとあり、好みがかなり分かれるらしい!!ちなみにホットのヨーグルトってすごく新鮮で面白い味でした。

      そして次の日!この日は首都バクーの国立音楽大学にてセミナーの日。塩高さんが薩摩琵琶について。ワンが奄美シマ唄。Aki-raさんが、自作のパーカッションにて軽いワークショップ的なセミナー。


        
d0091704_22121374.jpg
   
                薩摩琵琶塩高さん↑
        
d0091704_2213061.jpg

d0091704_22132151.jpg

         三味線の音、唄にはなんじゃこりゃみたいな視線でした(笑)

        
d0091704_2214227.jpg

        
d0091704_22144939.jpg

           Aki-raさんの楽器紹介。やっぱこのウォータードラムのブイを半分に切って作ったものにはみんな「へえ~!!」

      
d0091704_2216874.jpg

        みんな興味津々!!
d0091704_2228744.jpg

  そしてこの後、民俗音楽大学に通う左、タールと右、ケマンチョといわれる楽器奏者の女の子二人組みとほぼ即興セッション!これもまた面白かった!

    セミナーが終わると学生たちはさすが音大生!我慢から開放されたかのように一気にピアノやそれぞれの楽器に質問等も含めてセッションが始まる!!
d0091704_22291437.jpg

音楽が純粋に好きな学生たちでした!!みんな本当にありがとう!!音楽を通してみんなと一気に近づけたひと時でした!!

        そしてその日の晩は日本大使公邸に招かれて夕食会。ここの大使はなんと元バックパッカー!!とても心から素晴らしい方でした!ちなみにここでもまた久々の和食。

             
d0091704_22314539.jpg

         面白かったので撮りました↑
       
  明日は本番。おやすみ。↓ホテルの部屋から見えたバクーの夜景。
      
d0091704_22353921.jpg


      


  そして次の日!ロシア国立劇場にて公演当日!!

      
d0091704_22345055.jpg


      
d0091704_22365465.jpg
 

    
d0091704_22401414.jpg

          みんな会場の前にて記念撮影。
     
d0091704_22424695.jpg


          ウズベキスタンのようなトラブルもなく(笑)無事リハも順調!!本番開始!
d0091704_22462259.jpg

        
d0091704_2247811.jpg

     
          無事終了!!大使館の方の話で他公演中でも普通に電話はする、写真は堂々と撮る、大きな声で話はする、と大変マナーが悪いと話を聞いていたが、実際このコンサートではみんなかなり静かに聴いていて、とても緊張感があふれるコンサートとなりました。隣はイラク大使館だし(笑)

     こうして無事3カ国目のプログラムも無事終了。

    そして次の日は移動日。朝7時前に気起床し、ホテルの部屋の窓を開け、外を眺めていると、遠くカスピ海に移る素晴らしい景色!!

d0091704_2343840.jpg


        もしかしたら・・・一時窓から向こう水平線をずっと眺めていました。すると!!予想通りお日様が光を注いでくれました!!






  
d0091704_2363350.jpg




 
d0091704_237525.jpg


 
d0091704_2381451.jpg

d0091704_23101074.jpg

d0091704_23111535.jpg


         はるか遠く雲と水平線のごくわずかの隙間を北上し、雲のかなたへ消えていきました。その時間約5分。この瞬間を見れてとても幸せを感じ、旅の疲れもぶっとびました。は~・・今頃日本、奄美にとってこの朝日はもうお昼御飯の空の上にあるのかなあ~と思いながら・・・(時差は日本よりー5時間)


飛行機まで少し時間があるので大使館の方に近くの世界遺産にもなってる昔の城壁後、旧市街地を案内してもらいました。とても神秘的なところでしたよ!


    
d0091704_22521679.jpg

d0091704_22525077.jpg

        ↑乙女の塔。昔この上からある女性が身を投げた事件があり、それ以来このような名前になったそう。。

      
d0091704_22535645.jpg

d0091704_22542151.jpg

d0091704_22544882.jpg

d0091704_22551243.jpg

d0091704_22554989.jpg

       雨でした。。

d0091704_22584255.jpg

d0091704_2301955.jpg

d0091704_2305055.jpg

    
      こうして出国もてこずりながらなんとか田久保さんに助けられ、無事出国。

        次は最終国、南コーカサス地方のグルジア共和国!!とっても素晴らしい国でした!!今年中に更新できるかな・・(笑)お楽しみに!


       
[PR]
by shingomaeyama | 2009-12-25 23:16

中央アジアツアー3ウズベキスタン

お待たせしました!!この前は中途半端に終わってしまい誠に申し訳ありませんでした。

     さあ、中央アジアツアー2カ国目はウズベキスタンはタシケントです!とりあえず今回の記事を読まれる前にまだ前の記事を読んでない方はまずこちら










          
      



 さあ、リハーサル開始時になんとワンの三味線がぽっくり!!この絶体絶命の危機的状況にメンバー&スタッフ一気にこおりつく。

  とりあえず時間がない。まずはこの状況をどう回避するか冷静に考えよう。何か変わりにあるものは・・

   「そこにドラムのスティックがあった。がんばってこれを切って、削ってなんとかカラクリにするか??」などなど・・:
  
  しかし、この短時間でそこまでやるには相当の技量が必要・・カラクリは折れてはいるが、音はでる状態。様は弦が巻かれている根っこの部分はしっかりとくっついたままということ。しかし、本番では曲によってチューニングを変える。よって絶体絶命の状況の中・・・・・・・

      1人の通訳の男の子が、一言。















    「そういえば、ここの一階に楽器修理の作業場みたいなところがあったな」

















「なにー!?!?」













                この危機的状況の中で判断はひとつしかないだろう!「よし!!一か八かそこに行ってみてもらおう!!」その作業場へ案内してもらいダッシュで急ぐ!するとそこには驚くことにウズベキスタンの民楽器を作成&修理するような作業場に1人のおじさんがいた!!まさにここは奄美で言えば、サンシン屋さん!!


              「この折れたとこをどうにかして修理できないでしょうか??」

         おじさん「う~ん、これはなんという木?こんな木はウズベキスタンにはないな。でも他の木を使ってもいいのなら、全然修復可能だよ。」

            「うおー!!めちゃくちゃありがたい!!ぜひともお願いします!!」
         おじさん「ただし、長くみて、3時間はかかる。」

           3時間・・・だと本番が始まってしまう・・どうにかしてできるだけ早くお願いできませんかと頭を下げる。ようは修復は簡単だが、また折れないように、完璧にくっつけるのにできるだけ長時間必要というわけだ。わずかな可能性にかけて、「じゃあお願いします!!」

         そしてワン抜きでリハは順調に行われた。不安なまま時間だけがすぎる・・・・



         そして約2時間ちょっとすぎ、「できたそうです!!」と報告が入った!!急いで作業場へ!!そしたらなんと驚くべき光景が!!


              

                
d0091704_1355683.jpg

              このような無残なカラクリが・・・・













             
d0091704_1356571.jpg

            
d0091704_14104281.jpg

d0091704_14164036.jpg




              なんと見事に完全復活!!急いでいたので詳しくどうやったかは聞けなかったが、ウズベキの木に高級の紙ののりを使用して修理したとの事!!何はともあれあっぱれ!!折れる以前より滑らなくなっている!!
         おじさん「本当はもとのように真っ黒にもできるけど、もっと時間がかかる。でもある意味記念にこのままでどうかな?」

           なんというありがたい事か!!この危機的状況を救ってくれたおっちゃんが神様に見えた!!(大げさか)記念にパシャリ!

             
d0091704_14231872.jpg


             
d0091704_14241128.jpg

        本当にありがとう!!おじさん!!ワイルドで優しくて、とてもきさくなおっちゃんでした。名前を聞けなかったのが残念・・
  
  ちなみに公演会場の中にこういった楽器修理場があったのは4カ国のうちウズベキスタンだけ。よってこの事故がここじゃなかったら完璧アウトだったという事。この出来事も、おっちゃんとの奇跡の出会いも、まさに神様の引き合わせではないでしょうか??大げさに聞こえるかもしれませんが、みんなそう言ってました。名前も聞けなかった。おっちゃん本当にありがとう!!


       さあ、時刻は本番まで1時間きっている。ちょこっとだけリハ確認し、いよいよ本番!!


         
d0091704_14411295.jpg


         
d0091704_14415076.jpg


         
d0091704_1442228.jpg
 

        無事大盛況にて終了!!↑ユルドウスさんとのセッションは演奏途中でも拍手が起こるくらい、ものすごく反響が良かったです!!今までにいろんな音楽とセッションはしてきましたが、こんなに自然にひとつの音楽になったように感じたのは初めてでした!!シマ唄のルーツみたいなのを唄を通して感じることができたまさに奇跡のセッションでした!音源を聞かせられないのが残念です。。


       そして無事初日が終了し、二日目。この日ミュージシャンメンバーは午後1時30分現地集合でしたが、せっかくウズベキスタンにきたのに、せっかくだから・・という事であいてる午前中だけタシケント内を案内してくれるとの事。案内してくれたのは↓通訳の右ローザさんと左エレナさん

 


d0091704_14581519.jpgd0091704_14583681.jpg
 






 

 

 ウズベキスタンといえば、有名なところは青の皇帝といわれている、オアシスの町サマルカンドですが、ワンなんかがいるタシケントから約片道3時かかるとの事・・次くる時は!・・・あるかな・・

  という事でわずかな時間でいける旧市街地とバザールへ。


        
d0091704_1591512.jpg

d0091704_1594686.jpg


  
d0091704_1510185.jpg

  
d0091704_15105288.jpg


          たけ~。ちなみにこの塔は昔処刑の時に上から突き落とすための塔だったらしいです・・これは復元なので場所は違いますがね・・こわ・・・


    
d0091704_15131433.jpg

d0091704_15133937.jpg

       ここは以前は進学校として使われていたが、今は中はおみやげやさんになっているとの事(笑)
d0091704_15152347.jpg

d0091704_1518341.jpg

  いらっしゃいませ。

 
d0091704_1519633.jpg

    メンバーで。

 そして中のおみやげさんをのぞく・・楽器屋さんもありました!


         
d0091704_15201072.jpg

   パーカッションをAki-raがたたくとリズムにのって店のおっちゃんが、踊りだす。。微妙に奄美の六調と似てた・・

   
d0091704_15213979.jpg


         弦楽器奏者にとっては興味津々!!触らずにはいられない!!おっちゃん商売に必死です。

       
d0091704_15232096.jpg

   
    ちなみにここウズベキはまずは値段を聞いて、そこからどこまで値切って交渉できるか、という世界みたいです。ねぎり上手は得ですね・・

     そして次はバザール広場へ。ものすごい人だった・・・・


      
d0091704_15285888.jpg

d0091704_15293081.jpg

d0091704_15301478.jpg

  ↑ウズベキでの正装。結婚式とかできるものらしいです。

     
d0091704_15319100.jpg


         京都人、パーカッションAkira-sunrise。似合いすぎ。

         
         
d0091704_15325687.jpg

            「お金ちょうだい」と少年。1000スムだけあげました。なぜか記念に・・

               
d0091704_1534638.jpg

           パシャリ。ちなみにここで路上商売してる人たちはほとんど無許可だという。警察も暗黙の了解との事。貧しい人たちも少なくはない。みんな生きる為に必死。
d0091704_16503494.jpg


          
d0091704_1536320.jpg

d0091704_15375646.jpg


      そして昼食を食べに行こうとする時、またまた楽器屋さんを発見!みんなミュージシャンとしてやはり見てしまう(笑)

         
d0091704_15393097.jpg


          
d0091704_15394994.jpg

                   ↑サーズ。弦を支えてるやつなんかサンシンのとそっくり。

      そして!!ここで新たな発見!!!これはなんですか!?

            
d0091704_1541234.jpg


          奄美三味線のバチがあるではないか!!なわけないが・・画像で並べられている「ウード」を弾く時に使う、ピックみたいなものらしい!!いや~しかしそっくり。。これも奇跡の出会いと信じ、買いました!(笑)しかし、柔らかさといい、使いやすさといい、三味線でも全然いける!これも記念にローザさんにウズベキ語でサインしてもらいました。
d0091704_15552278.jpg


      
「ナパメッツ イズ ウズベキスタン」 ※ウズベキスタン記念

d0091704_15581540.jpg   

    右のようにワンの持っているほかのバチなんかと並べても少し太いだけでほとんど違和感ない!!よって今夜のコンサートは記念にこの購入したやつを使うことに決定!(笑)

  









 


 興奮が冷めないうちに昼食へ。そこで食べたウズベキスタンならではの食べ物、「プロフ」がめちゃくちゃおいしかった!!
            
d0091704_1603964.jpg
  
        日本で言うとピラフみたいなもの。少々油っぽいが、おいしい!!周りにあるのは馬肉!!スタミナつきまくり!
d0091704_1684335.jpg


      ウズベキはパンがとにかくおいしい!!日本のよりだいぶ固いんですが、なぜか癖になるんだな~後、野菜はあまりないが、キュウリとトマトはすごくおいしかった!ぶっちゃけワンはあんまりトマトは好きじゃないんですが、ここのはバクバク食べれました(笑)乾燥しているところのほうがトマトとかはおいしく育つそうです。


          お腹いっぱいになったところでみんなで記念に☆
d0091704_16112865.jpg


           さて!たくさんパワーを頂いた所で公演二日目会場へ!!場所は主に日ごろは演劇等をよくやっている、 「イルホム劇場」へ!
d0091704_1617445.jpg

       
   ここは地下にある、キャパは約150席。今までのホールとは違ってなんか、ライブハウスっぽい演劇場っていうかお客さんとの距離が近くて中々いい雰囲気の場所でした!
d0091704_1621413.jpg


            そしてこの日はユルドウスさんの取材もかねてTV撮影がありました!なぜかワンもわけがわからないまま、セッションのリハをそのまま言われるがままに撮影されました。多分ウズベキでは放送されたと思います(笑)

   リハもいろいろありましたが、いざ本番!!


       
d0091704_1625427.jpg

        ↓薩摩琵琶、塩高さんとミニオーケストラomnibusさんたちとのセッション!これは中々スリリングな感じでかっこよかった!!

d0091704_1629143.jpg


                ユルドスさんとの唄掛け。
        
d0091704_16295724.jpg


        
d0091704_16382674.jpg

      無事終了!!ここはここで違った雰囲気でお客さんの温度が伝わってきてとても楽しかったです!!

      楽屋で記念にユルドスさんと→d0091704_16364280.jpg

    






 去年もなんかのイベントで日本にこられる予定だったらしいんですが、お子さんがまだ小さいようでこれなかったとの事。是非日本にも歌いに行きたい!とおっしゃられていたのでみなさん、聞く機会がありましたら、ぜひ彼女のウズベキの歌をお聞きください!

   本当に新たに奄美のシマ唄の可能性を実感できる奇跡のセッションともなりました!出会いに感謝ありがっさま!




d0091704_16402082.jpg

そしてこのイルホムの帰り道に↑大きな壁がある。これは今までに世界中から来場されたお客さん、出演者のたくさんの人々が自らのサインや感想、メッセージを記してある。

         もちろんワンも・・・・









      
d0091704_1641227.jpg


             ちゃんと足跡残してきました!!(笑)ちゃっかりやることやってます!(笑)


    こうして無事ウズベキスタン2日公演は無事終了。本当に濃い2日間でした!!カラクリは折れる、奇跡のセッション、新たなバチの発見・・・・このウズベキスタンはワンにとってとても心に残る場所となりました。またいつか!!・・・・必ず行きたいです!!

   さあ、次は石油がとても豊富、料理も美味しいと評判な国、アゼルバイジャン。出発の為、翌日は夜中の4時集合(笑)それではまた!
[PR]
by shingomaeyama | 2009-12-14 17:04 | 島唄、音楽♪

中央アジアツアー2 ウズベキスタン

  うがみんしょうらん!!帰ってきてからも忙しい!!1日にシマに帰ってきて、3日は唄掛け保存会のイベント、仕事への復帰、4日は浦上青年団の忘年会で朝までバカ飲み!!時差ぼけもあるようでないような感じで、帰国してからあっという間に10日がたちました。。

   さて・・ちゃんと更新していこうと思います!!中央アジアツアー、トルクメニスタン公演が終わり、首都アシュカバットからウズベキスタンはタシケントへ!!
d0091704_21473341.jpg

 約2時間かけて無事到着!!ウズベキスタンはトルクメニスタンの隣の国なのでさほど時間はかかりませんでした!

   所でウズベキスタンってどんな国!?→ウズベキスタン共和国

  18日現地時間22時ごろに到着し、そのまま今回のウズベキスタン公演担当、大使館書記官、栗原さんの引率にてホテルへ。
d0091704_22524359.jpg

 ↑こちらが担当栗原さん。スーツの上から羽織るジャケットが似合います。似合いすぎます。お世話になった数日間毎日着てました。よっぽどお気に入りの様子でした。

   そして次の日19日午前中メンバー全員会場入り。なんと今回ウズベキスタンは二日間の2公演!まず、この日向かったのは国立音楽院大ホール!キャパは約508席。とても綺麗なホールで音の響きも最高でした!!
d0091704_2224113.jpg

d0091704_2231521.jpg

   こんな綺麗な学校と思いきや、自分たちが乗ったエレベータは・・


  
d0091704_22553825.jpg

   ガシャン!!ガシャーン!!見た目も動き方も超ワイルド。貨物専用エレベーターでした。
d0091704_2233479.jpg

d0091704_22375351.jpg


  そして今回のウズベキ公演はプログラムの中に現地ミュージシャンとのセッションコラボが予定されており内容が盛りだくさん!!まずはこの人!



d0091704_2261832.jpg

 ウズベキスタンの伝統的な民俗音楽を歌われている歌姫Yulduz Turdievaさん!
  名前読めます?「ユルドウス トルディーバ」さんです。ウズベキの伝統的な歌唱法を習得されている素晴らしい歌い手さんでした!!この方の曲を2曲セッションするという素晴らしき未知な世界!!このためにこの初日は約二時間かけてどのようにセッションするか打ち合わせをしました。
 打ち合わせの結果、一つは国広さん、Aki-raさんの太鼓&ウォータードラム&塩高さんの琵琶をバック演奏に彼女のマブリギという曲をセッション!そしてもう一つはなんと!!ワンとYulduzさん二人でシマ唄&ウズベキの唄で掛け合い!!というセッション!楽器はサンシン一本!!想像つかないでしょうが、詳しくは後に書きます。
 そしてもう一つのセッションは薩摩琵琶の塩高さんとミニオーケストラバンド「OMNIBUS」さんとのコラボ!!塩高さんの持ち歌「まろばし」という曲ををベースにネイというウズベキでよく使用される横笛のプレイヤーを琵琶の相方に、バックでバイオリン、チェロ、ホルンなどが奏でるという素晴らしい設定!!画像jは練習風景↓

    
d0091704_2223039.jpg



     そして無事打ち合わせは終わり、夜は日本大使館公邸へまぬかれ、夕食事会!!しかも久しぶりの和食でした!!メニューはこちら↓
d0091704_2304734.jpg



     11月20日。いよいよ国立音楽院公演日。

  
d0091704_22395790.jpg
内陸であるウズベキスタンは見事な乾燥地帯。ほとんど雨も降らないらしく、空にはほとんど雲がありませんでした!
 天気も良好な中、みんな会場入りし、よし!!いよいよ本番!まずはリハーサル行きましょう!!というテンションのさなか・・・・・












         


                          





  ここで思わぬハプニング!!!!










        



                        さて、一体何が起きたのでしょう??

       1・塩高さんの琵琶が折れてしまってた。
       2・前山のサンシンの糸巻き(カラクリ)が折れてしまう。
       3・パーカッションのAkiraが楽器の一つをトルクメニスタンに忘れてきてしまってたのをリハ時に気づく。
    
  4・ギター&ボーカルの国広さんが急遽食中毒でダウンする。                  







                   正解は・・・・・            
     






























                     
d0091704_22301138.jpg

  

         とある事故でワンのカラクリが折れてしまった!!!しかし、カラクリのスペアは持ってきてない!!
 このままではサンシンを使うことはまず不可能であり、この公演どころかこのツアー自体がワンの欠場でほとんどが台無しになる!!
 本番まで後3時間しかない!!さあ、どうする!?
                    ここはウズベキスタン!!
絶体絶命のピンチ!!
     この後どうなったでしょうか!?      
to be contenue・・・・・
[PR]
by shingomaeyama | 2009-12-10 23:06 | 島唄、音楽♪

中央アジアツアー1 トルクメニスタン

 約半月かけて行われた中央アジアツアーも終了し、無事奄美に帰ってきました!!

 終わってみれば長いようであっという間でした。たくさんのことを培う事ができたと思います!この興奮が冷めないように、ここから少しづつ旅の報告を記していこうと思います。

  まず、第一国目はトルクメニスタン共和国!!

    トルクメニスタンとは・・?詳しくはこちら

    11月15日。メンバーみんなで成田空港集合。午後2時のトルコ航空便で約13時間かけてトルコの首都イスタンブールへ。このフライトで結構疲れた~。。
   
d0091704_22581818.jpg

   この空港にはいろんな人種がいて、全身白装束の団体もいました。どこの国だろう?確実アラブ系。

     そしてここイスタンブールからもう人生で二度と来ることはないであろう、いよいよトルクメニスタンへ!
 
d0091704_2302234.jpg


   約3時間かけて首都アシュカバットへ到着。するといきなり、メンバー1人だけの預け荷物がでてこないというトラブル勃発!時間がかかりやっと入国。結構時間がかかり、モヤモヤしながらの旅のスタート!しかし空港をでてからは綺麗な朝日が迎えてくれました!
 
d0091704_2341376.jpg

d0091704_2342938.jpg


    そして宿泊先のホテルへ。この国は旅直前に予約していたホテルが急に国家の事業で使うとの事で急遽予約を撤回されてしまい、急遽決まったホテルはどんなところだろうと不安でしたが、中々大きいホテルで安心!!

  
d0091704_2374523.jpg


   
d0091704_238749.jpg


d0091704_0424297.jpg


    上のおっちゃん・・いやいや!このお方はトルクメの現大統領グルバングル・ベルディムハメドフさん。

    ちなみにこのトルクメニスタンは旧ソ連から独立してからは、初代大統領よりかなりの独裁国家となり、現大統領になってからは少しづつ変わりつつあるが、それでもまだ名残はあるという。ようは国家がすべて。ゆえにワンなんかが急遽ホテルを追い出されたのも「国の事業」だからそこが最優先。よってどこにいても国旗が多いし、どこに行ってもこのおっちゃ・・いや、この大統領の写真があります。
 そしてホテルチェックインしたら、明日への本番にむけ、会場マフトウムクリ記念国立劇場へ!

    
d0091704_23191446.jpg

d0091704_23194129.jpg

d0091704_2320175.jpg

d0091704_2322640.jpg


      キャパは約750席。下見&打ち合わせ等終わり、夜は日本大使館の方々と、夕食会。なぜかここにきて中華料理!!

  
d0091704_23234384.jpg


     周りからすれば、確実にワンなんかはチャイニーズに見えただろう。そして夕食後は、近くのスーパーで買い物。
d0091704_23265893.jpg

   なんと「ダブ」が!!↓
d0091704_23272040.jpg



  そして今回の旅で本当に大事だったのは「水」!!改めて水の大事さに気づかされた。ここで水を買おうとするとそこに衝撃の事実が!!

      

      
d0091704_23262271.jpg



    みなさん、どこかに違和感がないであろうか?そう!!それぞれ量が違うのだ!!でも値段は一緒!!まあ・・ムチャクチャ安いんですけどね・・この約1・5リットルで日本で100円するかしないかでしたから・・


   そしてあくる日本番!リハーサルに行くとそこにはとんでもないステージになっていた!!













d0091704_2333388.jpg
 

d0091704_23343422.jpg


   だ!・・だ!・・だい統領が大きく見守っているではではないか!!!背中にすごい視線を感じながら2時間のコンサートに望まないといけない!!初の公演がここまでのプレッシャーを感じながら頑張らないといけないとは・・ 

   そして本番前。お客さんは果たしてきてくれるんだろうか?と不安なまま開演を待つメンバー。しかしそこでもうお客さんがたくさん来すぎてもう入りきれないとの良報が!!なんとも嬉しい事だ!!そして本番!!


       


  
d0091704_0435840.jpg


           大統領のお力を借りながら歌いました。会場はシーンとしていてかなり緊張しました・・

      
d0091704_2357264.jpg


            無事公演終了!!最後はスタンディングオベレーション!!大盛況にて終了しました!!
 終了後はテレビの取材に対応。やはりこの国は独裁国家という事もあり、こういった海外との文化交流もあまりないせいか、よっぽど新鮮で楽しんでいただいのか、すごくそいうったお客さんの気持ちが伝わってきました!
 そして公演も無事終了し、一夜明け、次のフライトまで少し時間があるので、少し観光に。大使館の方とガイド&通訳のジェネットさん、ドブラン君、そしてメンバーで昼食へ。そのレストランから見える景色は絶景!

      
d0091704_035559.jpg

d0091704_042589.jpg


   ここトルクメニスタンは国の約8割はアジア最大に広がるカラクム砂漠、そして近くにはカスピ海がある。よって天然ガスも大変豊富であり、びっくりしたのはこの国は電気代、水道代が無料!!よって街には噴水がたくさんあり、夜はネオンでギラギラ!その配色のすごいこと。夜はこんな感じ↓

 
d0091704_073251.jpg

d0091704_075428.jpg

   えらいピンクや紫が多いです。

  そして昼食が終わり、移動。次なる場所は初代大統領が作らせたといわれる、「健康の坂」へ

     
d0091704_0111472.jpg

d0091704_0113619.jpg

    この初代大統領の像ですが、メンバーみんなが目を釘付けにした所がある!それは足元!!よく見ると・・・








  
d0091704_0165144.jpg


     なんとPUMAである!!スニーカーである!!かつて大統領はこの坂を歩いたとの事!!関心!!確かに良く見たら上はジャージ。でもズボンはスラックス、そしてスニーカー。すごいファッション。
d0091704_0115781.jpg


 
d0091704_0151750.jpg

d0091704_125563.jpg


      この健康の坂は二つある。ひとつは8キロ、もう片方はなんと25キロ!!ちなみに大統領が歩いたのは8キロ。
これは地元の大学生が月に1回かならず強制的に歩かされるという!!理由はひとつ! 「健康のため」。なんてありがた迷惑な制度!!素晴らしい。。

   そしてメンバーで25キロコースの坂を約100メートルほどだけ上りました。そこにはトルクメならではの絶景が!!!

   
d0091704_0205497.jpg

d0091704_0211732.jpg

d0091704_0213598.jpg


      そしてその後モスクへ行きましたが、そこは写真中止でしたが、素晴らしいとこでしたよ!!

    こうしてお世話になった↓右から日本大使館の小寺書記官、通訳&ガイドのジェネットさん、ドブラン君
d0091704_0354179.jpg

 

 三人と惜しみながらもお別れ。本当にみんな優しくていい人たちでした!なお、ドブラン君は来年日本への大学の留学が決まってます!ジェネットさんものちに日本にきてもっと日本語を学び、トルクメと日本のつながりに貢献したいとの事!!
確かにこのトルクメニスタンはこういった大使館からの招待、ガイドがついてないと入国は難しいとの事。ましては入国したとしても、秘密警察がつくこともしばしばらしい。よってこの国で日本の音楽、ようは邦楽のコンサートは今回のコンサートが初めてだったという!!素晴らしい経験になりました。本当に3名をはじめ、みなさんありがっさまりょうた!!

 さあ、次なる国は音楽文化も盛んなウズベキスタン共和国!!このウズベキスタンでは本当にいろいろありました・・自分にとっては奇跡の伝説を作ることになった国でした! お楽しみに!!

  
[PR]
by shingomaeyama | 2009-12-03 00:40 | 島唄、音楽♪